桜花の徒然日誌

京都の片隅でとんぼ玉を制作しています。 ガラスの事を主にたまにイベントのことをお知らせしたりします

Entries

今日は、ちょっと実験(ネタ?)に走ってみました

 今回は、こちら→【ガラス工房 眞(まこと)】さんが
 サイトにUPされている極微細な泡を作る方法を試してみました。

 まず、サイトにあるとおりS&B エスビー食品株式会社さんが出されている
 赤缶カレー粉(37g 小売り希望330円)を用意しました。
 IMG_8732.jpg IMG_8733.jpg

 鮮やかな黄色 食欲を擽るスパイシーな香り うん・・・使うには躊躇うくらい
 勿体なさがにじり寄りますね・・・

  ティースプーン1杯分取り出して溶かしたガラスに付けると
 スパイシーさと物の焦げる何とも言えない臭いとモウモウと立ち昇る煙
 火にかけると田んぼの野焼に近い臭いがただよい炭化した粉が飛び
 そして、焼き切った後、ガラスをかき混ぜるとモコモコとまるでカルメ焼きの
 ように膨らみ(・・・カルメ焼きの表現でわかるかね)
 大きな泡が多く 炭化した粉の塊もあり駄目だめでした
 ただ、微細な泡でかなり淡い色になりました。

  2回目
 粉の量を半分にし満遍なく焼いてから練りこむと
 さっきのよりは、気泡もおとなしくなりました。

  3回目
 粉の量を1/4にまで減らして 満遍なく焼いて混ぜると
 原色に細かい泡をいれたちょうどいい感じになりました。

 左から順に 粉の分量を減らした物になります。
 IMG_8753.jpg


 結構、表情が変わって面白いものですね。
 ただ、このガラスでパーツを作るとなるとかなり面d・・・んんっ!
 手間がかかりそうですね。 地玉に使うだけでもいいかも・・・
  ※【▼追記】に1つ1つ撮った写真があります※

 【番外編的に】
 重曹は、みなさんよく泡を入れるのに使われているので、
 今回は、藁灰を練りこんでみました。
 ただ、そのままではあれなので、先日、徐冷剤用に篩った灰を
 さらに細かい80目の篩にかけ3回目のと同じ分量で使いました。

 そうするとこんな感じに
 IMG_8778.jpg

なんというか・・・こちらの方が好みですわね・・・

 
 各ガラス7cm分に テースプーン1杯 1/2杯 1/4杯の分量になります
 IMG_8776.jpg
 IMG_8775.jpg
 IMG_8774.jpg
スポンサーサイト

Comment[この記事へのコメント:]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

Trackback[この記事へのトラックバック:]

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Menu

プロフィール

 ガラス工房 桜花

Author: ガラス工房 桜花
.
 畿内の手作り市などのイベントや
ギャラリーさんでの企画展などに参加させていただいています。
 We have participated in the handmade market and exhibition in Kinai region.

Web shop
creema 店
http://www.creema.jp/c/vetro_ouka/selling

iichi 店
https://www.iichi.com/shop/vetro_ouka

著作権に関する記載のない場合、使用されている画像及び映像、文章の著作権は、当ブログの著者に帰属します。
無断での二次使用は、お止めください。
If there is no description of the copyright, image and video that is being used, copyright text are the property of the author of this blog.
Secondary use of without permission, Please stop.

これまで、お越しくださった方々

Twitter

最新記事

検索フォーム

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR