桜花の徒然日誌

京都の片隅でとんぼ玉を制作しています。 ガラスの事を主にたまにイベントのことをお知らせしたりします

Entries

ついに窯が・・・

来てません(おい

 以前からコアガラスのコアを乾かして焼成するのに使っているいる七輪に素焼きの鉢を被せた即席窯にして
電気窯を買うまでの繋ぎとしてやれるか?と鉢の耐熱実験と石膏盤の焼成を兼ねてみました。
CLtE2SMUkAEVJPy ←こんな感じです→ CLx8K4VVAAAY155


【石膏の焼成】 BGM:某3分調理のテーマ
 まず、お惣菜などの容器に離型剤を塗り
CLxltuyVAAQoErK
霧吹きと粉篩を使った方がきれいですね・・・

 生乾きになったらやや硬めに溶いた耐火石膏を流し込み固めます。
CLxltu2UkAARvP7
 ある程度、固まったら型から取り出し底の離型剤を落とし
風通しの良い場所で乾かします。

 そして、乾燥待ちの間に火を起こしていた窯の中に入れて焼成に入ります。
このとき、割れたりしないように炭を少なめにしてとろ火で、を5~10分ほど温め
残っている水分を飛ばしてから炭を足して火力を上げます。

CLyEqYvUYAAIiQR CLyEwA1VAAENy_O
(撮影のために鉢を外しています)
だいたい(赤い炎がでたら)600℃で、30~40分ほどで焼成が終わります。
 とりあえず、温度計がなくてわからないなら石膏の表面の色から黄色味がなくなって
酸っぱいような硫黄っぽい臭いがしなくなってから10分ほど炙ったらOKです。

 火からおろして冷ましてヤスリなどで側面のバリ取りと表面の凹凸を均したら
石膏盤の完成です。
CLyw8BNUcAAwzp-

 さて、メインの耐火実験の方ですが・・・
CLyJQVzUsAAfdoP
燃焼開始から40分ほどで、ヒビが入り割れてしまいました。
こう言う簡易的な物でも熱に強いものを使わないと駄目ですね。
 また、蓋用に七輪を買ってきて試してみます。

※注意※
実行される方は、換気を十分にし一酸化炭素中度及び鉢等の破砕による怪我や火傷
火災などに十二分に気をつけ自己責任でお願いします


スポンサーサイト

Comment[この記事へのコメント:]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

Trackback[この記事へのトラックバック:]

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Menu

プロフィール

 ガラス工房 桜花

Author: ガラス工房 桜花
.
 畿内の手作り市などのイベントや
ギャラリーさんでの企画展などに参加させていただいています。
 We have participated in the handmade market and exhibition in Kinai region.

Web shop
creema 店
http://www.creema.jp/c/vetro_ouka/selling

iichi 店
https://www.iichi.com/shop/vetro_ouka

著作権に関する記載のない場合、使用されている画像及び映像、文章の著作権は、当ブログの著者に帰属します。
無断での二次使用は、お止めください。
If there is no description of the copyright, image and video that is being used, copyright text are the property of the author of this blog.
Secondary use of without permission, Please stop.

これまで、お越しくださった方々

Twitter

最新記事

検索フォーム

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR